商品取引の罠

商品取引市場は、世界中のトレーダーにとって最も人気のある市場の一つです。商品市場には、トレーダーにとって魅力的な特徴がたくさんあります。しかし、他の市場と同じように、商品市場にも、初心者や不注意なトレーダーを待ち受けているいくつかの罠があります。ここでは、あなたの取引キャリアに終止符を打つことになる3つの最も重要なトラップについて説明します。事前にそれらを知ることは、あなたの取引の中でそれらに対し準備し、回避するのに役立ちます。

トラップ#1:レバレッジの罠

商品の先物取引になると、比較的良いレバレッジ条件が提案されます。これにより、ほとんどの初心者がオーバーレバレッジをかけるように誘惑されます。いくつかの取引で良い証拠金を提案されることがあるかもしれませんが、次から次へと損失を出すだけで、市場から永久にあなたを一掃するのに十分な破壊力となります。
貪欲さは、すべての人間の固有の属性です。この固有の限界を理解して、利益に夢中にならないようにしっかりとした決断をしてください。常に市場での一貫したパフォーマンスを得ることに焦点を当て、ランダムに巨大な利益を得ようとはしないでください。特にあなたがかなりの利益を取得した後は、この基本に固執してください。これらのシンプルなステップで、あなたの足がしっかりと地面に置かれていることを確認してください。

トラップ2: アナライザーの罠

相場の状況をしっかりと分析することは、意思決定の必須条件です。しかし、単に1つの価格チャートに固執していても、あなたの取引スキルは進歩しません、あなたは全体像を見落としていることになります。市場の全体像を把握するためには、1時間ごとのチャートと日足チャートのような異なる時間枠に属するチャートを分析する必要があります。
しかし、このプロセスの間に、多くの人々は同様に「アナライザートラップ」と呼ばれるものにひっかかることがあります。彼らは必要なものよりも多くのチャートを使用し、分析にあまりにも拘泥してしまうのです。結果はどうでしょう? 貴重な時間の浪費と損失です! 目的は、市場とその背景で何が起こっているかの広い視野を得ることです。そのためには、分チャートから月足チャートのすべてのチャートを分析する必要はありません。
自分の好みの時間軸を明確にしておきましょう。これは、投資スタイルや取引の種類に応じてトレーダーによって異なります。それが決定されたら、非常に関連性の高い2つまたは3つのチャートを選択し、それらのチャートの徹底的な時間軸分析を行ってください。コマンドーオペレーションのように、あなたは正しい判断にたどり着くのに必要最低限のチャートだけを使用してください。

トラップ#3:ノーリミットの罠

成功しているプレイヤーがどのようにトレードをしているかを見てみると、彼らは皆、自分のために多くのルールを設定していることがわかります。そのような重要なルールの一つは、彼らが自分自身に設定した制限に関連しています。彼らにとって、トレードは限界ないものではありません。彼らは、どこまで自分を追い込むべきか、いつそれを終わらせるかについて非常に明確です。
しかし、初心者の場合はそうではありません。市場が予想通りに動いていることに気づくと、安全な限界をはるかに超えて自分を追い込み、ほとんどの場合、それまでに得たものをすべて失ってしまいます。また、相場がうまくいっていないときには、その日の損失を取り戻そうという不健康な決意でトレードを続けているケースもあります。悲しいことに、そのような戦略がうまくいくことはほとんどなく、多くの場合、裏目に出ることが多いのです。
trading-platform
商品取引においては、非常に規律を持っていなければなりません。限度額を設定せずに取引をしてはいけません。あなたの資本金とスキルに基づいて、ロットサイズと損失サイズ(Lo-Lo)の少なくとも2つの制限を設定する必要があります。
市場がどれだけ有利な状況であっても、あなたの予想がその特定の日にどれだけ良好なものであっても、取引を実行している間に取れる最大ロットサイズを決定してください。このようにして、予期せぬ取引損失による悪影響や回復不可能な影響を防ぐことができます。
次に、特定の日に発生する損失の大きさを決定します。これは、1日の最大損失を1000ドルに設定し、取引開始からわずか2時間でも損失が発生した場合、市場に戻って失われた額を獲得することにかんするあなたの自信と決意に関係なく、トレードを強制的に終了することを意味します。このような毅然とした判断が、初心者の罠に陥らないための大きな助けとなるのです。