CFD取引とレバレッジ

CFD取引とは?

差金決済取引(CFD)は、金融市場で人気のある取引形態です。

CFD取引とは

CFD取引は、トレーダーや投資家に原資産そのものを所有することなく、資産の価格変動に賭ける機会を提供します。従来の投資とは異なり、CFD取引では、トレーダーは価格の下落に対してもポジションを取ることができます。

CFD取引では原資産を所有していることが条件ではないため、投資家は原資産を売却して価格が下落したときに利益を得たり、価格が上昇したときに損失を被ったりすることができます。また、CFD取引により、投資家は株式、暗号通貨、インデックス、コモディティなどのグローバル市場に一つの取引環境からアクセスすることができます。

レバレッジ

取引の価値のほんの一部だけ自己負担することを意味します。つまり、元の投資額を何倍にもすることで購買力が大幅に向上し、元の投資額よりもはるかに大きなポジションを管理できるようになります。
物理的にお金を借りているわけではありませんが、ブローカーから資金を借りているとさることが多いです。レバレッジについての詳細は以下に記載しています。

マージンとレバレッジとは?

レバレッジ

レバレッジが投資額を何倍にもするのに対し、マージンは任意の取引に必要な投資額です。
投資額が1,000ドルでレバレッジが1:30の場合、1,000ドル×30=30,000ドルの価値がある資産を売買することができます。

マージン

マージンは上記の例の逆のロジックに従います。120,000ドルの価値があり、レバレッジが1:30の取引を行う場合、必要な証拠金(投資額)は120,000ドル÷30=4,000ドルとなります。
レバレッジと必要なマージンは、お客様が取引する資産クラスによって1:2~1:30の間で異なります。

CFD取引のコストは?

スプレッド:CFDを取引する際には、買い価格と売り価格の差額であるスプレッドを支払うことになります。買いの取引を開始する場合は、提示された買い価格を使用し、また売り価格を使用して取引を終了します。その逆も同様です。

スワップ手数料は、ポジションの方向性と適用される金利に応じて、プラスまたはマイナスになることがあります。スワップ計算式の詳細については、「手数料とスワップ手数料」をご覧ください。

計算式は商品の種類によって異なりますので、上記リンク先の各セクションでご確認ください。